痛みに配慮した虫歯治療

歯医者は痛いというイメージを持つ方が多いのではないでしょうか?
うるしばら歯科クリニックでは、電動麻酔を用いることで、患者様の痛みと精神的な負担を最小限にできるよう注意を払い治療を行っています。治療の痛みがご不安な方はお気軽にご相談ください。

電動麻酔について

電動麻酔は、コンピュータによる自動制御を利用し麻酔液をゆっくりと一定の速度で注入する電動注射器です。麻酔注入時の痛みの原因である圧力を抑え、麻酔の痛みを和らげる効果があります。

虫歯治療について

虫歯の原因

虫歯は口の中の細菌が歯を溶かしてしまう状態を言います。
この細菌(虫歯菌)は砂糖などの糖分を好みます。虫歯菌は口の中に入った糖分を食べ、代わりに酸を排出します。この排出された酸によって歯が溶けて虫歯になります。
更に進行が進むと患部に細菌の塊(バイオフィルム)が繁殖し、虫歯が拡大してしまいます。

虫歯の発生

歯の表面についているネバネバとした物質のことを、歯垢またはプラークと言います。
この中には、細菌が多く存在していて、それらがつくり出す酸によって歯の表面からカルシウムが溶け出してしまい(脱灰)、虫歯が発生すると言われます。

虫歯の進行・症状

虫歯レベル1(C1)
歯の表面のエナメル質に穴があいた状態です。茶色や黒色の変色が見られたりします。
この段階では痛みがないのでほとんど虫歯には気付きません。
早めの治療であれば痛みもほとんどありません。
虫歯レベル2(C2)
エナメル質の下にある象牙質まで達っします。虫歯の穴は内部で大きく広がっている状態です。この段階までくると歯がしみるなどの症状が出はじめますが、比較的簡単な治療で終わります。
虫歯レベル3(C3)
虫歯が歯髄まで達し、歯髄炎を起こした状態です。初期の段階では歯髄が炎症を起こし、持続する痛みがあり、時には激痛をともなうようになります。治療せずこのままの状況で放置してしまうと、歯を抜かなくてはいけない状況になってしまいます。
虫歯レベル4(C4)
歯冠部の崩壊がひどく、ついには歯根だけになる歯髄腔まで腐敗物が溜まり、病巣は歯槽骨まで及びます。噛むと痛みや違和感があったり、膿(うみ)が溜まって顔がはれたり、細菌が血管を通り全身に影響をおよぼす場合があります。

虫歯の治療

C1、C2の段階であれば、虫歯になっている部分を除去し詰めるだけの治療となります。
C3になると、多くの場合神経を取る治療(根管治療)となります。C4では抜歯になる場合もあります。

虫歯の再発防止のために

歯の治療後、定期的なメンテナンスを行うことで虫歯の再発予防に繋がります。
また、健康な歯をいつまでも保つためにも、当院では定期的な検診をお勧めしております。 ご希望の方には、ハガキで検診のご案内をさせて頂きます。

  • CTスキャン
  • DAC ユニバーサル
  • 矯正無料相談受付中
  • 料金表
  • モバイルサイト 携帯サイトへのアクセスはQRコードからが便利です
  • 患者の気持ち
診療カレンダー
4月
26272829303101
02030405060708
09101112131415
16171819202122
23242526272829
30010203040506
5月
30010203040506
07080910111213
14151617181920
21222324252627
28293031010203